日本 SEPUP 研究会  『日本シープアップ研究会』
Science Education for Public Understanding Program

SEPUP(シープアップ)は、米国カルフォルニア大学バークレー校で開発された
科学教育プログラムです。日常生活を送る上で不可欠な化学物質に対する理解を深め、
社会問題の中でどのように使われていくべきかを説く教育プログラムになっています
日常生活の問題をテーマに、総合的な学習の時間や選択理科の授業時間などで、
科学的な考える力を育成してきます。
日本では、日本SEPUP研究会が研究と普及活動を行っています。

SEPUPシリーズは、先生方のご意見を取り入れ改良を続ける
教師参加型のプログラムです。研究・開発にご協力ください。


日本SEPUP 研究会の15 年の歩み
 
日本SEPUP研究会について
研究会の活動目的
研究会の活動内容
研究会の活動紹介

SEPUPシリーズの特長
SEPUPシリーズ(モジュールの紹介)
SEPUP実践事例
米国研修会報告記

米国研修を行いました。2005.8.3~13
2004年夏の教材開発合宿

SEPUPメールマガジン
研究会への入会申し込み

関連ページへのリンク集
法人会員 リンク

研究会・開発会員のページ
(ユーザー名とパスワードが必要です)

過去のワークショップ

第2回 (2003.5.17 東京)
第1回 (2003.1.25 東京)

お   知   ら   せ

○ワークショップ 「アクティブラーニングとSEPUP」のお知らせ2016.7.3
日本SEPUP研究会が2001年に創立してから15年が経過したことを記念して、SEPUPの母体である米国カルフォルニア大学バークレ-校ローレンスホールより講師を招いた模擬授業、およびワークショップを開催いたします。日常生活の中の科学や社会とのつながりを意識したSEPUPカリキュラムで、アクティブラーニングを考えてみませんか?米国や他国での教育事情などの講演も交え、英語での模擬授業や米国講師との交流など、盛りだくさんの内容となっております。
案内書のリンク   申込書のリンク

■日時 平成28年8月16日(火)~18(木)
■内容

816日(火)100017:00

10:00-11:00

開会講演

日本SEPUP研究会の設立と15年のあゆみ

11:00-12:00

特別講演Ⅰ

米国の教育とSEPUP 社会的、教育的な背景を交え,過去から現在までの活動をご紹介します

13:00-17:00

Workshop
[米国講師]

Issues and Physical Science 金属廃液の希釈廃棄の問題点と他の再生方法について

817日(水)100017:00

10:00-11:00

ワークショップ②

ブラックボックスでアクティブラーニング 一緒にアクティブラーニングについて考えてみませんか?

11:00-12:00

特別講演Ⅱ

アクティブラーニングとSEPUP /小川正賢 東京理科大学大学院                

 東アジアの教育も交え、これからの日本の教育についてお話します

13:00-17:00

Workshop
[米国講師]

Thresholds and Toxicology 濃縮での閾値をシミュレーションや分析を通じて考えます

818日(木)100016:00

10:00-12:00

Workshop
[米国講師]

Issues and Life Science 感染者を探すシミュレーションや抗生物質について、進化の話など

13:00-15:00

模擬授業
[米国講師]

中高生向けオープンスクール「英語でSCIENCEWho Infected Whom

米国講師による日本人生徒向けの授業です

15:00-16:00

ディスカッション

パネルディスカッション&閉会式


■開催場所: 株式会社ナリカ
  〒101-0021 東京都千代田区外神田5-3-10

■問い合わせ:
  日本SEPUP 研究会事務局 重井、田中 (株式会社ナリカ内)
  TEL:03-3833-0746  FAX:03-3833-0747

     協力:株式会社ナリカ 日本理科教育支援センター
         カルフォルニア大学バークレー校

○ 『米国型科学教育を体験してみませんか!』
   日本SEPUP研究会10周年記念 先生のための理科教育ワークショップ
   群馬県太田市で2011年8月18日,19日にワークショップを開催しました。
 《実施報告》
   ぐんま国際アカデミーの生徒からのレポートなどを掲載した学校新聞(抜粋)   「GKAニュースレター」 SEPUP report.png

○ SEPUPシリーズ「水溶液と廃液」の製品紹介
   モジュールの一部分が体験できます。2005.12.17
会員向けの情報
(内容をご覧いただくにはユーザー名とパスワードが必要です)
パスワード忘れは、HP管理者へメール送信してください。
○ 「有害な廃液」のワークシート[改訂版]をUPしました。2005.9.12

○ 地下水汚染-フルーツベル村のトラブル-のワークシートをUPしました。2005.6.15

○ ブラックボックスのワークシートをUPしました。2005.6.15

日本SEPUP研究会

〒101-0021 東京都千代田区外神田5-3-10 TEL: 03-3833-0746 FAX: 03-3833-0747 株式会社ナリカ内 担当:重井ゆき


̎q bGf biXJ b޲ڸ biPhoneC br uWAbNX b̓lAbv[_